梱包のコツと注意点

スタンダードプラン | エコノミープラン | ブックスプラン

撮影時に開封の対象となるもの | 撮影して欲しくない場合

■ スタンダードプラン

img_17.jpg

お預けいただいたアイテムが31点以上の場合は、適宜まとめて撮影いたします。

img_13.jpg

預けられる荷物の重さは
レギュラーは20kg、ラージは25kgまで!
20kgの目安:2リットルのペットボトル10本分/スーパーなどで売っているお米の袋(10kg)2袋分
測り方:荷物を詰めたボックスを持って体重計に乗り、ご自分の体重+20kgを超えなければOKです。
※あきらかに重量を超えた場合は、弊社で新たにボックスを用意して詰め替えをいたします。追加分の保管料・作業費1,100円を請求させていただきますので、ご注意ください。

2.jpg22.jpg

本を入れる場合、特にラージボックスでは重量制限超過となりやすいため、他のアイテムが入っていない状態でラージボックスの半分程度(レギュラーボックスの7〜8割程度)におさまるようにしてください。
【参考】本の重さ20kgの目安
雑誌のみ:約40冊
単行本のみ:約60冊
コミック(新書版)のみ:約100冊
文庫本のみ:約130冊
※カバーの種類やサイズなどによっては冊数の目安が前後しますので、ご注意ください。

img_12.jpg

液体割れ物など、預け入れNGなものもございます。
事前に「預けられないもの」のガイドページを必ずご覧ください。

img_16.jpg

セットアップ衣類や複数枚のCDなど
1点として撮影してほしいものはビニール紐などでまとめましょう。
取り出し時なども、1点扱いとなります。その際、透明な袋やビニール紐でまとめられたものなど、中身のわかるものは、開封せず(解かず)にそのまま撮影いたします。

 参考:まとめて登録してほしいものがある場合

img_8.jpg

預けたあとでハンガー保管やクリーニングに出したい場合は、袋などにまとめずにお詰めください。
※アイテム点数が30点を超える場合は倉庫スタッフの判断で適宜まとめての撮影・管理となりますので、1点として保管したいアイテムがある場合は、それ以外のアイテムを袋などで30点以内になるようにおまとめください。

参考:ハンガー保管について , クリーニングオプションについて

18.jpg

預けたあとで布団クリーニングに出したい場合は、シーツ・布団カバー・枕カバーなどは外してお預けください。
圧縮袋などに入れる際は、布団、毛布、敷きパッドなどはまとめないで、1点ずつ分けて入れてください。

参考:布団クリーニングについて

img_14.jpg

ボックスを複数お預けいただく場合、まとめて取り出すことを想定されるものは、できるだけ同じ箱にまとめておくのがオススメです。
例えば、洋服をシーズンごとにわけておくと、箱ごと取り出すことができるので楽です!

img_15.jpg

撮影を希望しない場合は…
中身の見えない袋に入れて、撮影を希望しない旨を袋の外側に明記してください。
袋ごとの撮影とさせていただきます。ただし、お取り扱いすることができないアイテムでないことを確認するため、中身は確認させていただく場合がございます。
また、アイテムを撮影しないエコノミープランもございますので、あわせてご検討ください。

img_11.jpg

(お預かり可能な範囲で) 壊れやすいものは、プチプチや新聞紙などの緩衝材で包みましょう。

img_10.jpg

十分に管理された保管環境ですが…
万が一気になる場合は防虫剤を入れてもOK!

img_9.jpg

荷物を入れて余ったスペースには緩衝材などを入れてください。
逆に、
荷物を無理やり詰め込みすぎないように注意!
※ボックスが変形してしまった場合は、新たにボックスを用意して詰め替え対応とさせていただきます(別途保管料等がかかります)。

 → 梱包のマナーとコツ(エコノミープラン)
→ 梱包のマナーとコツ(ブックスプラン)

 

■ エコノミープラン

img_19.jpg

エコノミープランでは写真撮影はありません
箱単位でのお預かりとなります。

hinmei.jpg

撮影がございませんので、何が入っているかわかるようにボックスに手書きで品名をご記入ください。
ご自身のスマートフォンなどで中身を撮影しておくのもオススメです!

img_2.jpg

預けられる荷物の重さは
レギュラーは20kg、ラージは25kgまで!
20kgの目安:2リットルのペットボトル10本分/スーパーなどで売っているお米の袋(10kg)2袋分
測り方:荷物を詰めたボックスを持って体重計に乗り、ご自分の体重+20kg(25kg)を超えなければOKです。
※あきらかに重量を超えた場合は、弊社で新たにボックスを用意して詰め替えをいたします。追加分の保管料・作業費1,100円を請求させていただきますので、ご注意ください。

2.jpg22.jpg

本を入れる場合、特にラージボックスでは重量制限超過となりやすいため、他のアイテムが入っていない状態でラージボックスの半分程度(レギュラーボックスの7〜8割程度)におさまるようにしてください。
【参考】本の重さ25kgの目安
雑誌のみ:約50冊
単行本のみ:約75冊
コミック(新書版)のみ:約125冊
文庫本のみ:約160冊
※カバーの種類やサイズなどによっては冊数の目安が前後しますので、ご注意ください。

img_12.jpg

液体割れ物など、預け入れNGなものもございます。
事前に「預けられないもの」のガイドページを必ずご覧ください。

img_11.jpg

(お預かり可能な範囲で) 壊れやすいものは、プチプチや新聞紙などの緩衝材で包みましょう。

img_14.jpg

ボックスを複数お預けいただく場合、まとめて取り出すことを想定されるものは、できるだけ同じ箱にまとめておくのがオススメです。
箱ごとの取り出しになるため、シーズンごとの洋服など、事前に仕分けておくと便利です! 

img_10.jpg

十分に管理された保管環境ですが…
万が一気になる場合は防虫剤を入れてもOK!

img_9.jpg

荷物を入れて余ったスペースには緩衝材などを入れてください。
逆に、
荷物を無理やり詰め込みすぎないように注意!
※ボックスが変形してしまった場合は、新たにボックスを用意して詰め替え対応とさせていただきます(別途保管料等がかかります)。

 → 梱包のマナーとコツ(スタンダードプラン)
→ 梱包のマナーとコツ(ブックスプラン)

■ ブックスプラン

img_7.jpg

本だけでなく、ゲームやBlu-rayディスクなどもバーコード付きであれば、画像データで無限に1点ずつ管理いたします。
バーコードがないものが入っていた場合は、適宜まとめて撮影いたします。

img_4.jpg 

バーコードでの管理となるので、本は袋やビニール紐などでまとめずに1冊ずつ入れてください。また、書店のカバーや帯などは外してから預けください。
※袋にお入れいただいても、開封の上、バーコードを読み込んで登録しますのでご注意ください。

img_18.jpg

CDレコードはバーコード管理ができないため、30点を上限に写真撮影いたします。
バーコードが記載されている帯が中に入っていたり紛失されていることが多いため、バーコードが記載されていた場合でも、このようなご対応とさせていただいております。

img_5.jpg

預けられる荷物の重さは20kgまで!
20kgの目安:2リットルペットボトル10本分/スーパーなどで売っているお米の袋(10kg)2袋分
測り方:荷物を詰めたボックスを持って体重計に乗り、ご自分の体重+20kgを超えなければOKです。
※あきらかに重量を超えた場合は、弊社で新たにボックスを用意して詰め替えをいたします。追加分の保管料・作業費1,100円を請求させていただきますので、ご注意ください。

img_6.jpg

ボックスに対して本を縦に入れると本が曲がりやすいので、本は寝かせて入れることをオススメします。

img_12.jpg

スペースが余ったら本以外のものも入れてOK!
ただし、液体割れ物など預け入れNGなものもございます。
事前に「預けられないもの」のガイドページを必ずご覧ください。

img_11.jpg

(お預かり可能な範囲で) 壊れやすいものは、プチプチや新聞紙などの緩衝材で包みましょう。

img_20.jpg

ボックスを複数お預けいただく場合、まとめて取り出すことを想定されるものは、できるだけ同じ箱にまとめておくのがオススメです。
例えば、シリーズものの本や漫画全巻セットなどはまとめておくと取り出しが一度で済みます。

img_9.jpg

荷物を入れて余ったスペースには緩衝材などを入れてください。
逆に、
荷物を無理やり詰め込みすぎないように注意!
※ボックスが変形してしまった場合は、新たにボックスを用意して詰め替え対応とさせていただきます(別途保管料等がかかります)。

img_21.jpg

荷物を詰め終わったら、ボックスのフタを閉め、ガムテープなどで封印してください。

→ 梱包のマナーとコツ(スタンダードプラン)
→ 梱包のマナーとコツ(エコノミープラン)

■ 撮影時に開封の対象となるもの

スタンダードプランでは、預け入れいいただいたお荷物をそのままの状態で1点1点撮影しますが、箱や袋に入った品物については、以下のような基準で開封させていただく場合がございます。

開封における具体例

  • 商品箱から中身がわかるものはそのまま撮影に移ります。
    (例)写真付の商品パッケージ・透明なビニール(OPP袋)など
  • 商品箱から中身がわからないものは、箱を含め、中身一式全てを撮影します。
     ただし、撮影後の原状回復ができないものは開封せず撮影します。
    (例)丸められた状態のポスター類、ラッピングされた箱など

■ 撮影して欲しくない場合

写真撮影なしで、箱のまま管理するエコノミープランをご利用ください。

スタンダードプランで撮影を希望されない物をお預けいただく場合は、中身の見えない袋に入れていただいた上で、撮影を希望されない旨を袋の外側に明記ください。
ただし、お取り扱いすることができない物品でないことを確認するため、お預かりの際に中身は必ず確認いたします。あらかじめご了承ください。

 

🗃 梱包について

カテゴリトップに戻る

その他のご質問はお問い合わせフォーム