梱包のコツと注意点(スタンダードプラン)

img_17.jpg

お預けいただいたアイテムが31点以上の場合は、適宜まとめて撮影いたします。

 

img_13.jpg

預けられる荷物の重さは20kgまで!
20kgの目安:2リットルのペットボトル10本分/スーパーなどで売っているお米の袋(10kg)2袋分
測り方:荷物を詰めたボックスを持って体重計に乗り、ご自分の体重+20kgを超えなければOKです。

 

22.jpg 

本を入れる場合は重量制限超過となりやすいため、他のアイテムが入っていない状態でレギュラーボックスの7〜8割程度におさまるようにしてください。
【参考】本の重さ20kgの目安
雑誌のみ:約40冊
単行本のみ:約60冊
コミック(新書版)のみ:約100冊
文庫本のみ:約130冊
※カバーの種類やサイズなどによっては冊数の目安が前後しますので、ご注意ください。

 

img_12.jpg

液体割れ物など、預け入れNGなものもございます。
事前に「預けられないもの」のガイドページを必ずご覧ください。

 

img_16.jpg

セットアップ衣類や複数枚のCDなど
1点として撮影してほしいものはビニール紐などでまとめましょう。
取り出し時なども、1点扱いとなります。その際、透明な袋やビニール紐でまとめられたものなど、中身のわかるものは、開封せず(解かず)にそのまま撮影いたします。
撮影イメージの参考:セットアップの服袋に入ったもの(外から中身がわからないもの)袋に入ったもの(外から中身がわかるもの)

 

img_8.jpg

預けたあとでハンガー保管やクリーニングに出したい場合は、袋などにまとめずに1点ずつ分けて梱包しましょう。
参考:ハンガー保管について , クリーニングオプションについて

 

img_14.jpg

ボックスを複数お預けいただく場合、まとめて取り出すことを想定されるものは、できるだけ同じ箱にまとめておくのがオススメです。
例えば、洋服をシーズンごとにわけておくと、箱ごと取り出すことができるので楽です!

 

img_15.jpg

撮影を希望しない場合は…
中身の見えない袋に入れて、撮影を希望しない旨を袋の外側に明記してください。
袋ごとの撮影とさせていただきます。ただし、お取り扱いすることができないアイテムでないことを確認するため、中身は確認させていただく場合がございます。
また、アイテムを撮影しないエコノミープランもございますので、あわせてご検討ください。

 

img_11.jpg

(お預かり可能な範囲で) 壊れやすいものは、プチプチや新聞紙などの緩衝材で包みましょう。
撮影時は、中身を取り出して元の状態に復帰させます。

 

img_10.jpg

十分に管理された保管環境ですが…
万が一気になる場合は防虫剤を入れてもOK!

 

img_9.jpg

荷物を入れて余ったスペースには緩衝材などを入れてください。
逆に、
荷物を無理やり詰め込みすぎないように注意!
※ボックスが変形してしまった場合は、別のボックスでの保管(保管料・詰替作業費等を別途請求)、または送料をお客様負担で返送させていただく可能性がございます。

 

梱包のマナーとコツ(エコノミープラン)
→ 梱包のマナーとコツ(ブックスプラン)

その他のお問い合わせ

お問い合わせはこちら